■ ミッション周りオイルシール交換 取り付け編



取り外し編からの続きです。



全て外し終わったので各部分を点検し、清掃してあげましょう。



いきなりですがオイルシールを取り付けました。

この時に、オイルシールの内側にグリスをつけておくと良いです。



あとは外した工程と逆に作業していけばよいです。



クランクのオイルシールに付いている液体ガスケットが妙に汚いです。

ですが、あんまり強くガスケットを剥がそうとすると、オイルシールを傷めそうなので程々にしておきました。

さらに内部をしっかり洗浄し、これで気持ちよく組み付けに入れます。

まずミッションを取り付けるのですが、スプロケットが取り付く場所にビニールテープを貼ります。



このような処置を行っていないと、折角交換したオイルシールを傷めてしまいます。



付きました。

もし入れる際に抵抗を感じるようなら、もう一度引き出してください。

普通は抵抗も無く入っていくので、抵抗が感じられるのは何かを挟んでいます。



この時は、シフトドラムのスプリングを挟み込まないようにしましょう。



続いてシフトスピンドルにもテープを貼ります。



テープの上にオイルをつけるとなお良いです。



あとは分解したときの注意を参考にして組み上げます。

(組み付ける時の写真を撮り忘れました)



こちらもしっかり組みあがりました。



あとはケースカバーを付け、無理のかからないように押し込みます。

ケースのボルトは内側から締めていきましょう。



クラッチアウターを取り付けて、



新品のセンタークラッチを付けます。



ナットを取り付けたら、しっかりかしめをしておきましょう。



クラッチディスク類を取り付け、



カバーをして、ギアオイル・冷却水を入れて完了です。



作業を行った感想は、やはり2サイクルは構造が簡単で分かりやすい反面イージーミスも起こりやすいので、

作業する際は一気に外してしまわず、取り外すときに注意するべきポイントを見極めましょう。

そうすれば、組み付ける際も慌てることなく確実に組みあがります。

これはどこもそうだと思いますが、意外と出来ていない人が多いです。



これで気持ちよく走行できるようになりました。

中身がしっかりと分かっただけに、より一層NSRを楽しめそうです。



なお、作業をする際はメンテナンスマニュアルを参照してください。

重要な部分だけに、しっかり行わないと命の危険も脅かされますので、

分からない場合はバイク屋さんにお任せすることをお勧めします。





戻る




inserted by FC2 system