トミンで腕試し!!



先日の桶川を走行後に、クラッチ周りよりオイル漏れがあったので

その箇所を修理後の点検がてらトミンを走行してきました。




今回も夜勤明け直行でしたが、午前は営業していなかったのでゲートが開くまで寝てました。

その後12時近くになると沢山のライダーが集まりましたよ。

多分今までの中で一番多い人数だったと思います。






多種多様なバイクが走行していましたよ!!


今回の目標として、当然前回の記録である「29秒36」を抜くことにあります!!

気合を入れて走行を開始するも、台数の多さにより直ぐ詰まります。

最初の1時間はなかなかクリアラップが無く、唯一見つけたラップで気合を入れますが「29秒40」

もう殆ど前回の記録に並び、そのままタイムを大幅更新かと思いましたがそうは甘く無かったです。



その「29秒40」を出した辺りから、コーナリングに違和感を覚えました。

ブレーキングをしてフロントサスを縮め、車速を乗せたまま一気に車体を倒しこもうとするのですが、

妙にサスペンションがふわふわする感じがありました。

前回はそこまで気になるような事はありませんでしたけども・・・

感覚的に、これ以上行くと加重が一気に抜けて転倒しそうな感じでした。



ですが逆に考えると、コースに慣れて進入速度やコーナリングスピードが増した結果、

サスペンションが一定の仕事量を超えたのかな?と思います。

そうなれば、当然サスペンションのセッティングをしないといけませんが、

お恥ずかしい話そういった調整に凄く鈍感なんですよ。

なので、今はスタンダードな状態を体に叩き込み、後日違いが分かるようにと思い今まで行いませんでした。



確かに街乗りを想定したセッティングがサーキットに合うはずも無いのは100も承知なんですが(^^;)

そういったこともあり、タイヤもハイグリップタイヤでは無いパイロットパワーにし、

良くあるハイグリップタイヤ依存症(グリップするのでバンク角が無駄に増える)にならない為でもあるんです。



まぁ、ちょっと言い訳だったりもしますけどねw



そんな事もあり、今日は一先ずセッティングを変更せずそのまま走行しました。

前回と同じく何度も反復練習をする感じで、結局合計130周以上はしていましたが、

タイムは中盤に出た「29秒18」がベストでした。




個人的に、「この周はいいかも!!」と思った周はタイムが伸びず、

失敗したと思ったら良いタイムだったりしました。

それがちょっと疑問に感じましたね〜。



軽いスランプに入ってるかも知れませんが、もうちょっと頑張ってみます。

暫定的に29秒が自分自身の今現在の壁であると分かった以上、色々策を考えなければなりません。

ですが、普段はその場で色々思いつくのですが、今回はあまり言い回答は見出せず・・・

自分のオンボード動画でも見て研究してみます。





早くしないと冬になっちゃう〜!!





メモ

タイヤ使用時間、約65分。

合計約8時間15分使用。



フロント




リア


またタイヤにしわのような痕がありますが、しっかり加重を掛けられたということなんでしょうかね?




次回につづく。




戻る




inserted by FC2 system